新着情報

2017.10.24 成婚100組突破記念キャンペーン開始→入会金10,000円減額
致します。(毎月、先着10名様限定)

2017.10.24 婚活男性応援キャンペーン開始
入会金30,000円を無料にさせて頂きます。(大卒男性限定)
登録料30,000円を無料にさせて頂きます。(医師・弁護士・公認会計士
税理士・司法書士・大学教授・上場企業勤務の男性)

2017.10.24 異性にモテる魅力アップセミナー好評開催中(無料)

2017.10.24 NEW!成婚料がいらない安心のフルサポートコース新設

2017.10.24 NEW! 6ケ月コース新設

2017.10.24 NEW!お見合い料がいらない月会費定額の安心コース新設

2017.10.24 再婚者・中高年の方向けの特別コース新設

2017.10.24 NEW!!当結婚相談所がメディアに掲載されました!!

2017.10.24 祝。弊社会員様同士で成婚カップルが誕生しました。(「会員様の喜びの声」ご覧くださいませ)

芦屋市で結婚相談なら

芦屋市で結婚相談ならエクセルマリッジにお任せください。
プロの婚活専属アドバイザーが全力であなたの結婚をサポートします。本気で婚活をするならエクセルマリッジへご相談ください。理想の結婚相手に出会えるまで最後まで辛抱強く丁寧にお手伝い致します。

「優秀家庭教師のエクセル」と業務提携
エクセルマリッジは「優秀家庭教師のエクセル」と
業務提携をしておりますので京大・阪大・神大等の
優秀大学卒業のエリート会員様 が多く在籍しております。

ブライダルコラム 『ウエディングドレス』

多くの人にとって一世一代の晴れ舞台となる結婚式。特に花嫁はその中でも主役の存在。花嫁衣裳という言葉がある程に、その存在はそこに集まったすべてに人の注目を集めますし、その時の姿は花嫁にとってもとても大切なものではないでしょうか。そもそもウエディングドレスのルーツとはどのようなものでしょうか。

ウエディングドレスのルーツ

この衣装のルーツはローマ帝国に遡るそうです。ヨーロッパにキリスト教が広まったころ、結婚式は教会で執り行われるようになりました。その式の際、王族や貴族の花嫁が着用したのがウエディングドレスの始まりと言われています。中世において、赤、青、緑などの絹やベルベットの生地を基調に,金糸、や銀糸の刺しゅうを施した衣装が作られました。その装いは、家の経済力や社会的な地位などを誇示する目的もあったので、競い合って豪華に作られたそうです。

今主流の純白のウエディングドレスは、史料上では、17世紀末までさかのぼりますが、多くの人の間に普及していったのは、18世紀後半、特にヴィクトリア女王の結婚衣装をきっかけに、急速に普及していき、その人気は現代において西洋諸国にとどまらず、日本、中国などを含め東洋諸国にまで普及しています

元来東洋では、白は死に装束の色であり、忌み嫌われ,慶事の使用は避けるという風習があったにもかかわらず、その伝統的な習慣を覆して、白のウエディングドレスが流行したことは、その衣装の魅力がいかに強力であるかを物語っていますよね。

確かに、ウエディングドレスは見る人を、はっ!とさせる魅力に満ちています。いつも見慣れているはずの、婚約者が、ウエディングドレスを身に着けて目の前に現れた時、誰もが自分の目を疑ってしまうほど、美しいと思うものです。

ウエディングドレスで大切なのがシルエット

そのウエディングドレスでとても大切なのがシルエット。
ドレスラインと言われる、ウエディングドレスの基本的な型はいろいろとあります。中でも代表的なものをいくつかご紹介しますと・・

1.Aライン:アルファベットのAのようにバストしたやウエストから直線的に裾に広がった型
2.プリンセスライン1:上半身は体にフィットし、腰から裾にギャザーで広がった型
3.エンパイアライン:裾がバスト下から直線的に落ちていてほとんど広がらず、ギリシャ神話の女神が着用しているようなハイウエストの型
4.ミニ:1960年代にウエディングドレスにも,ミニ丈のものが現われましたが、斬新なスタイルにとどまりその後ほとんど普及には至っていません。

ウエディングドレスのレンタルや手作り

ところで皆さんはご自分のウエディングドレスをどのように準備されるでしょうか。一生に一度しか着る機会がなくとも、大切な衣装なので自分の体に合わせて一から仕立てるという方もおられるでしょうし、レンタルで厳選するという人もおられるでしょう。最近では、手作りのウエディングドレスを着用される方もおられるとか。いろいろなスタイルがありますね。

その中でも一般的なのがレンタルを利用することかもしれません。ここで一つ、レンタル衣装屋さんに行くときの注意点。なんでも率直に意見を言ってくれる女性を伴っていくといいそうです。お母さんや、親戚のおばさん、お姉さん。女性の目線でどんな衣装が最もあっているかを意見してもらえますよね。二人よりも三人で行くと、より実際的な意見を言ってもらえるとか。婚約者と二人だけで行ってしまうと、自分目線が優先になってしまうもので、自分の感じと、ほかの人が見る印象はずいぶん違うものです。

レンタル衣装の相場は、もっとも一般的なのが、20~25万ほどだそうです。レンタルといえども随分高いものですね。もちろん5万円未満のレンタル衣装もありますので自分の予算に合わせてネットなどで検索してみてください。

芦屋で人気のドレスレンタル

結婚相談所で成立したカップルの方々にもどんなウエディングドレスを利用したか聞いてい見るといいかもしれませんね。芦屋で人気のレンタルショップは「芦屋なるせ貸衣装店」豊富なラインナップと確かな経験で、ぴったりのウエディングドレス探しをサポートしてくださるでしょう。